読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川口市の税理士のブログ

税務や経営について初心者でもわかりやすく解説します。

財務分析 人の分析

経営計画税理士 田口通のブログ

経営の3要素として「ヒト」「モノ」「カネ」があります。このうち「ヒト」に関する収益性を明らかにします。

 

一人当たり売上高=売上高÷従業員数

 

一人当たり経常利益=経常利益÷従業員数

 

労働装備率=有形固定資産÷従業員数

 

労働分配率=人件費÷付加価値×100

 

付加価値=売上高-材料費、外注費、運賃など

 

労働分配率は一般に50%程度に抑えるのがよいでしょう。

経営計画税理士 田口通のブログ

 

財務分析 貸借対照表の分析

貸借対照表を中心に支払能力を確認します。

 

流動比率=流動資産÷流動負債×100

短期的な支払能力を示す指標です。目標は200%以上です。

 

当座比率=当座資産÷流動負債×100

当座資産の支払能力を示す指標です。目標は100%以上です。

 

自己資本比率=自己資本÷総資本×100

資金調達が借入ではなく、自力で行っているかを示す指標です。

目標は30%以上です。

 

固定比率=固定資産÷株主資本×100

固定資産を返済義務のない株主資本でどれだけまかなえているかを示す指標です。

目標は100%以下です。

 

固定長期適合率=固定資産÷(株主資本+固定負債)×100

固定資産を固定負債と株主資本でどれだけまかなえるかを示す指標です。

目標は50%以下です。

 

ameblo.jp

 

 

財務分析 資金繰りの分析

会社の資産がいかに効率的に活用されているかを判断します。

 

総資本回転率=売上高÷総資本

この値が高いと資本投下が効率的に行われていることになります。

 

棚卸資産回転日数=棚卸資産÷売上高×365日

棚卸資産(商品、製品、仕掛品、原材料、消耗品等)が1回転するのに何日かかるかを見ます。

 

売上債権回転日数=売上債権÷売上高×365日

売上債権(受取手形売掛金等)が1回転するのに何日かかるかを見ます。

 

仕入債務回転日数=仕入債務÷売上高×365日

仕入債務(支払手形や買掛金等)の支払いまでに何日かかるかを見ます。

 

キャッシュ・コンバージョン・サイクル

=棚卸資産回転日数+売上債権回転日数-仕入債務回転日数

短いほど、資金繰りが楽です。

ameblo.jp

 

 

 

 

 

資金調達に強い税理士事務所とは?

補助金の採択の実績がある事務所は、資金調達に強い事務所だと言えます。

 

平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金

の採択結果は15547件のうち6157件でした。

 

このうち、個人の税理士事務所と思われるものは、121件でした。

採択された6157件のうちの約2%です。

 

それだけ補助金を獲得できる事務所は少なく、希少価値があると言えます。

 

ameblo.jp

 

収益性の分析

損益計算書上の各種利益の額を売上高で除して求めます。値が高いほど、収益性が高いと言えます。

 

売上高総利益率(%)=売上総利益÷売上高×100

会社の商品やサービスの収益性を示します。

 

売上高営業利益率(%)=営業利益÷売上高×100

会社の本業の収益性を示します。

 

売上高経常利益率(%)=経常利益÷売上高×100

会社の総合的な収益性を示します。

 

売上高当期純利益率=当期利益÷売上高×100

 

自己資本経常利益率=経常利益÷自己資本×100

 

ameblo.jp

 

決算書を読むポイント

貸借対照表

資産と負債との比較をし、財務の安全性を確認します。財務の安全性を確認する指標としては、流動比率当座比率自己資本比率・負債比率・固定比率・固定長期適合比率などがあります。

 

損益計算書

経費を変動費と固定費に分け、売上に対応しているか確認します。変動費とは、売上に比例する経費をさし、固定費とは、売上に比例しない経費をさします。

 

どちらの書類にも共通することは、複数年の動きを比較することです。そうすることで著しい変化のあるものがチェックでき、会社の動きや経営課題といったものが見えてきます。

 

決算書のチェックポイント

企業内部 

過去の問題点、未来の目標を発見

企業外部

金融機関は回収可能性を税務署は申告漏れをチェック

 

経営計画税理士 田口通のブログ

 

 

 

川口市の税理士の独り言

都内で異業種交流会に出ると、都内から来ている人には、「遠いところ(埼玉)からよくきたね」と言われます。東京に住んでいるというだけで、妙な優越感があるのでしょう。ところが、優越感は劣等感の裏返しでもあります。都内にいると、競争も激しいのでしょうか、それだけストレスがたまるんでしょうね。

私は埼玉や川口が好きなので、気にしません。

経営計画税理士 田口通のブログ