読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川口市の税理士のブログ

税務や経営について初心者でもわかりやすく解説します。

貸借対照表とは

貸借対照表とは会社の財政状態を表すものです。資産・負債・純資産が記載されています。

 

資産

資産とは土地・家屋・金銭などの財産をいいます。資産は流動資産・固定資産・

繰延資産に分けられます。流動資産とは、通常1年以内に現金化、費用化できるものをいいます。流動資産に含まれるものは、現金及び預金、受取手形売掛金、有価証券、製品、原材料、仕掛品、貯蔵品、前払費用、繰延税金資産等です。

固定資産とは、通常1年以上の長期にわたって使用する資産をいいます。固定資産は有形固定資産・無形固定資産・投資その他の資産に分けられます。有形固定資産とは形のあるものをさし、土地、建物、機械設備、船舶、車両、工具備品、建設仮勘定などからなります。無形固定資産とは、形のない資産をさし、特許権、商標権、借地権、ソフトウェア、電話加入権などからなります。投資その他の資産とは、有形固定資産・無形固定資産以外のものをいい、投資有価証券、関係会社株式、長期貸付金などからなります。

繰延資産とは、本来費用に分類されるものの、その効果が長期にわたってあらわれることから、資産計上されているものです。創立費、開業費、開発費、株式交付費などからなります。

 

負債

負債とは、銀行や個人から借りた金銭や買掛金などの債務をいいます。負債は流動負債・固定負債に分けられます。流動負債とは、1年以内に支払の期限の到来するものを言い、支払手形、買掛金、短期借入金、未払金、未払費用、未払法人税等、前受金、預り金、前受収益、各種引当金などからなります。

固定負債とは、1年以内に支払期限の到来しない債務をいい、長期借入金、各種引当金などからなります。

 

純資産

純資産とは、資産から負債を差し引いたものです。純資産は主として株主資本からなります。株主資本とは、企業のもともとの出資額である資本金や経営活動によって生まれた利益剰余金などからなります。

 

経営計画税理士 田口通のブログ