読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川口市の税理士のブログ

税務や経営について初心者でもわかりやすく解説します。

損益計算書とは

損益計算書とは、会社の1年の収益と費用の状態を表します。売上高・売上原価・売上総利益・販売費及び一般管理費・営業利益・営業外収益・営業外費・経常利益。特別利益。特別損失・税引前当期純利益法人税等・当期純利益などからなります。

 

売上高

本業の商品やサービスを販売することで得られる収益のことをいいます。

 

売上原価

売上に直接対応する経費のことです。物品販売業では商品の仕入高、サービス業では人件費、製造業では外注費や材料費も含まれるなど、業種により変わります。

算定の仕方は以下のようになります。

期首商品(製品)棚卸高+当期仕入高(製造原価)-期末商品(製品)棚卸高

 

売上総利益

粗利益ともよばれます。売上高から売上原価を差し引いたもので、商品やサービス、製品の収益力を表します。

 

販売費及び一般管理費

一般に売上高とは直接関係なくかかる費用のことです。販売費とは、販売に関する経費のことをいい、販売手数料や広告費などからなります。一般管理費とは、会社を管理するための費用をいい、人件費、水道光熱費、家賃、減価償却費、保険料、賃借料、などからなります。

 

営業利益

売上総利益から販売費及び一般管理費をさしひいたものをいいます。会社の本業での収益力を表します。

 

営業外収益

本業以外の活動で発生する経常的な収益のことです。雑収入、配当金や受取利息が含まれます。

 

営業外費用

本業以外の活動で発生する費用のことです。支払利息、手形の割引料、為替差損、雑損失が含まれます。

 

経常利益

毎期、経常的に生じる利益のことです。営業利益に営業外収益、営業外費用を加味したもので、会社の収益力を見る基本的な指標です。

 

特別利益

通常の活動以外の特別な原因で一時的に出た利益です。固定資産や株式の売却益などからなります。

 

特別損失

通常の活動以外の臨時的な損失です。固定資産の売却損や株式の評価損などからなります。

 

税引前当期純利益

経常利益に特別利益と特別損失を加味し、法人税等を考慮する前のものをいいます。

 

法人税

国税である法人税地方税である道府県民税、市町村民税、事業税などからなります。

 

当期純利益

税引前当期純利益から法人税等を差し引いたものです。

ameblo.jp