埼玉県の川口市の税理士のブログ

税務や経営について初心者でもわかりやすく解説します。

いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。

  税理士というと、ある程度、年齢のいったおじさんを思いうかべるのでは   ないでしょうか?   主な仕事は、税金の計算をして、「これだけ納税しますよ。」という書類を   作ることです。税法が難しいため、一般の人がこうした書類を自分で作ると、   間違いや脱税になるので、「代理でやってください。」ということで   つくられた仕事です。代理人ですから、若い経営者であれば、若い代理人のほうが   いいときもあります。女性であれば、女性税理士のほうがいいときもあります。   相続で困っているひとには、相続税専門の代理人もいます。   2017年現在35歳です。スポーツ選手だったらベテランの年齢ですが、税理士として   は、若手と呼ばれます。たしかにベテランの税理士さんより、経験と実力は劣ります   が、若手税理士には、ベテランにない様々なメリットがあります。   今回は、そのメリットについて7つをご紹介します。

 

  「若手税理士の7つのメリット」  

 

①    相談がしやすい   起業家と年齢が近いです。日本政策金融公庫総合研究所「2013年度新規開業実態   調査」によると、開業時の年齢のうち、30代は40.2% 40代は29.8%    おおむね30代~40代で起業しています。税理士でも若手と呼ばれるのは、30代   ~40代のため、起業家と年齢が近く相談しやすいのが特徴です。  

 

②   30代~40代の税理士の希少価値   税理士の平均年齢は、65歳とも言われます。税理士の数は、現在全国で7万人いる   と言われていますが、そのうちの60%以上は60歳以上です。30代以下は、   5.8%、40代は12.8%です。  

 

③    フットワークが軽い   毎月訪問してもらいやすいです。試算表やメールの返答のスピードが早いです。   年配の税理士さんに比べ、体力や時間があまっていることが主な要因です。  

 

④    顧問料が安い   月次顧問料8000円~の事務所もあります。税理士の顧問料の平均は個人なら2   万、法人なら3万といったところですが、税理士に経験値が少なかったり、新設法人   で規模の小さいところの場合、顧問料も格安となる傾向にあります。  

⑤    クラウド会計やSNSに対応   60代の税理士だと、ワードはおろか、メールすらできない人もいます。   クラウド会計では、インターネット上で、銀行やクレジットカードのデータを取得す   るものです。経理の手間を解放するものとして注目されているものの、年配の税理士   では、対応しずらい領域となりがちです。また、フェイスブックやブログ、ツイッ   ターで若者が連絡を取り合うなか、SNSに無関心では、顧客とのコミュニケーション   にも阻害が出かねません。その点、若手の税理士の場合、クラウドSNSへの対応   は、年配の税理士より得意です。  

 

⑥    税理士の悪いイメージを払拭しようとしている。   相談したら、高い。偉そう。難しい専門用語をたくさん使うなどといったイメージを   払拭しようとしています。私が4コマ漫画を画くのも、こうした試みのひとつです。  

 

⑦   税理士が直接対応   ある程度の規模になると、会計事務所の場合、税理士ではなく、担当職員がお客様と   の応対を9割以上こなし、税理士と直接会う機会が減ってしまいます。しかし、若手   税理士で開業間もない場合、職員の数も多くないため、税理士が直に対応し、担当者   により、仕事の質が異なるといったことはなくなります。  

「おわりに」  

税理士で本当のプロになるには、実務経験20年は必要と言われたこともあります   が、それだけの年数を重ねていたら、税理士はみなおじいさんだらけになってしまい   ます。若手税理士は頼りないと思うかたもいますが、若手はそうした世間のやや冷た   い視線を感じながら、日々、奮闘しています。   若手税理士に興味がありましたら、ご相談ください。

 

ameblo.jp