埼玉県の川口市の税理士のブログ

税務や経営について初心者でもわかりやすく解説します。

はじめての接待交際費・福利厚生費

いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。  

得意先と飲食に行ったり、社員と旅行に行ったりすることはよくあると思います。   そしてこうした出費のなかに、ついつい、個人的なものもはいってしまうことも。   今回のブログは、こうした出費分類と節税のしかたを書いてみます。  

 

「20代の個人事業主、30代の会社社長の場合」

 

  自分のプライベートで使用するブランド品や仲間との飲食代で数十万の支出も   めずらしくありません。確定申告時に領収書の束をみると、これらの支出金額が業務   に必要なものか、単なる遊び金か判断に迷うことがあります。  

 

「遊ぶ金は、会計上、どう処理されるか?」  

 

20代、30代の経営者の場合、まだまだ遊びたい盛りのためか、   領収書を整理していても、「これは、遊んでいるのかな?」   という臭いを感じるときがあります。   取引先と遊んだら交際費として経費になります。   社員みんなで遊んだら福利厚生費として経費になります。   社長が自分のプライベートで遊んだら、法人の場合、役員への貸付金、個人の場合、   事業主貸となり、経費にはなりません。  

 

そもそも交際費とは」  

 

交際費等とは、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業   に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為(以下「接待等」といい   ます。)のために支出する費用をいいます。   具体例としては、以下のようなものがあげられます。   ・料亭、クラブ等での接待費用   ・旅行、感激等への招待費用   ・中元、歳暮等の贈答費用   ・慶弔、禍福費   ・ゴルフ接待費用等    ただし、次に掲げる費用は交際費等から除かれます。   福利厚生費:従業員の慰安のための運動会、演芸会、旅行等の費用   飲食費等:飲食その他これに類する行為のために要する費用で、一人当たり の支出額が5000円以下であるもの   広告宣伝費:当社の社名、製品入りのカレンダー、手帳、扇子等の贈与費用   会議費:会議に関連して支出した茶菓、弁当等の供与費用   取材費:出版物や放送番組の取材の費用   交際費は、得意先や仕入先等の取引を円滑にする目的で支出し、   本来は事業遂行上、必要なものです。しかし、無駄な交際費がたくさん出ると、   法人の場合、資本の充実を阻害するおそれもあることへの政策的配慮から、   一定の金額は経費に落ちません。  

 

そもそも福利厚生費とは」

 

専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行などのために通常要する費用について は交際費等から除かれ、福利厚生費などとされます。   また、社内の行事に際して支出される金額などで、次のようなものは福利厚生費となります。 ・創立記念日国民の祝日、新社屋の落成式などに際し、従業員におおむね一律に、社内において 供与される通常の飲食に要する費用 ・従業員等(従業員等であった者を含みます。)又はその親族等のお祝いやご不幸などに際して、一 定の基準に従って支給される金品に要する費用 (例えば、結婚祝、出産祝、香典、病気見舞いなどがこれに当たります。) 社員と飲食に行ったり、社員へ祝い金を出したり、あるいは、社員の健康診断を頼んだ   場合などは、福利厚生費で処理しています。

 

「領収書の区分」

 

領収書の丸投げはウエルカムですが、 領収書を預かっただけでは、接待交際費と福利厚生費の区分をつけるのは、困難です。 そのため、領収書には、取引先の名前や店名、日にちなどが記載されているか を確認して丸投げすると、経費の拾い洩れが減り、税金対策となります。 それが忙しくて困難であれば、 せめて、プライベートで遊んだ分は区分しておいたほうがいいと思います。 税金対策は、地道にコツコツやるのが、一番の近道です。

 

ameblo.jp