埼玉県の川口市の税理士のブログ

税務や経営について初心者でもわかりやすく解説します。

小さな会社のワンマン体制を変える3ステップ

いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。

みなさんの周りにワンマンな社長はいませんか?

社員が10名規模の会社であっても社長はワンマンになりがちです。 その原因は、社員がイエスマンになりがちなところにあります。 社長が強すぎるあまり、いつの間にか誰も意見を言わなくなります。 そんなワンマンな社長への対処法ですが、 社長に何か勝てるものをひとつつくってみるですとか、 社長の弱みをにぎるといったものもあります。 しかし、社長に物を言えるのは、 会計事務所でも15年以上キャリアを積んだ ベテラン職員くらいなもので、 とてもハードルが高いのです。 ところが、もっと簡単にワンマンな体制の見直しが できる方法があるんです。 意外なことかもしれませんが、経営会議です。 経営会議にいたるまでのステップは3つです。 ①経営計画をつくる 自分で作る場合、Googleで検索すると 「経営計画つくるくん」が出てきますので、 それでもかまいません。われわれを利用する 場合、経営計画ソフトをもと1時間ほどヒアリングしますので、 社長は、質問に答えるだけであとは何もする必要はありません。 ②経営計画を発表する 台本はこちらで用意します。社長は、将来会社どうしたいか をしゃべっていただくだけで、あとは何の準備もいりません。 ③経営会議を開く 司会はわれわれで行います。事前に社員さんからアンケートを とり、当日の議題などを決める他は、特に準備はいりません。 こうした3ステップによって実際に 会議を行った社長の声として 「これまで社長のワンマン体制だったが、数値をもとに 社員と議論することで、チームとしての一体感が もてるようになった。」 という方もいます。 会計事務所は、数字が命です。しかし、数字を使って、 ステップを踏むと、ワンマン体制の見直しまで業務の 範囲が拡大することもあります。 社内の体制を見直したいかたは、ご相談ください。